能登輪島観光情報わじまナビホームへ
観光スポットイベントカレンダーおすすめコースフォトギャラリー交通アクセス
Q&A

現在の位置: ホーム > 観光スポット > 観光スポット一覧

観光スポット 『見る・感じる[伝統文化・芸能(御陣乗太鼓など) ]』

「見る・感じる[伝統文化・芸能(御陣乗太鼓など) ]」には16件の情報があります。

伝統文化・芸能(御陣乗太鼓など)

麒山祭(きざんさい)

「能登の親知らず」と呼ばれた曽々木と真浦間を切り開き、「波の花道」を造った海蔵寺八代住職・麒山端麟和尚遺徳をしのぶ供養祭。見物人に紅白の餅がふるまわれたり「八世太鼓」が披露されます。

曽々木大祭(そそぎたいさい)

町野町曽々木では観光PRと地元の発展を願い、地元と観光協会が協力し曽々木大祭が開かれます。青年団によって5本のキリコが町を練り歩く様は豪快。

門前とどろ節

1.能登の門前 一度はおいで ここにゃ名所も唄もある (ハヤシ)ここにゃ名所も唄もある ハー ゼンザイゼンザイ 2.響く鐘の音 千歳にこめて 町の誇りを寺でもつ (以下ハヤシくりかえし略) 3...

能登麦屋節(のとむぎやぶし)

 能登素麺の原料である小麦をひく作業の中から生まれた唄。

剱地八幡神社大祭(つるぎぢはちまんじんじゃたいさい)

 門前町内では唯一キリコ担ぎが行われる祭りで、最終日深夜の獅子殺しでクライマックスを迎えます。

門前祭り(通称/ごうらい祭)

 神様と仏様が、年に一度対面する珍しいお祭り。「ごうらい」と称する奇怪な面をつけた者が神輿の露払いをつとめ、櫛比神社を発ち、總持寺祖院へお旅します。勇壮なキリコ祭りとは対照的に、神輿のお供をする列が静...

名舟大祭(なぶねたいさい)

 県指定無形民俗文化財に指定されている御陣乗太鼓で有名な名舟の夏祭り。

大幡郷社祭(おおはたごうしゃまつり)

 昔、猿鬼を大幡山の神様が退治し、その場所に社を建てたのが始まり。

万歳楽土(まんざいろくと)

 袴姿の舞人と参拝者がともに独特の節回しで「万歳楽土」と唱え、豊作を祈願します。走出地区の万歳楽土は県の無形民俗文化財に指定されています。

観音祭り

 およそ700年の歴史がある慈雲閣は總持寺最古の建物で、観音祭りのこの日、観音山の山開きを行い、観音堂の扉を開いて供養が行われます。

道下祭り(とうげまつり)

 勇壮な銕川太鼓や木やり音頭に合わせて豪華な曳山や夫婦神輿、こども樽神輿が集落をにぎやかに練り歩きます。

フキノト祭り

 住民たちが五穀豊穣と家々の繁栄を祈る神事。その年の当元(当番)が11種類の神饌を供えて神様をもてなします。

水無月祭

 南志見地区5町(里町、尊利地町、忍町、小田屋町、東山町)の夏祭りで、キリコと神輿が勇壮に乱舞する夏越しの神事です。旧南志見中学校跡地に設けられる御仮屋付近でキリコが大乱舞します。

黒島天領祭(くろしまてんりょうさい)

 北前船で栄えた町黒島は、古くから海上安全、五穀豊穣を祈願しています。大阪城と名古屋城をかたどった豪華絢爛な曳山と子どもの奴振り行列が見ものです。

浦上祭り

 屋根が六角面で作られた豪華で貴重な御輿に、小旗、幟旗、吹流し、獅子、天狗がお供します。

山王祭(さんのうまつり)

 青竹に5色の吹出しで飾られた船方の曳山は、夜になると提灯が灯り、幻想的な光景が広がります。