能登輪島観光情報わじまナビホームへ
観光スポットイベントカレンダーおすすめコースフォトギャラリー交通アクセス
Q&A

現在の位置: ホーム > 観光スポット > 観光スポット一覧

観光スポット 『見る・感じる』

「見る・感じる」には107件の情報があります。

西保海岸・間垣の里

西保海岸

冬の日本海の強風をまともに受けて立つ高さ80mにもおよぶ男性的な断崖絶壁や巨大岩礁がつづく秘境です。そこには強風から家屋を守る「間垣(まがき)」や深緑が美しい「ケヤキのトンネル」など見どころがいっぱい...

夫婦岩(めおといわ)

輪島の秘境、西保海岸にある「夫婦岩」です。似たような平らな岩が寄り添うように並んでいます。

西保海岸展望台

 奇岩ゾウゾウ鼻にある展望台。遥か下に広がる大海原や曲がりくねった海岸線を見渡すことができます。

自然

こんなコースはいかが?「まれ」ロケ地めぐりモデルコース集!

●モデルコース集 下記添付ファイルをご覧ください! ●おすすめコース 輪島を一日まるごと満喫するコース、午前のみのコース、午後のみのおすすめコースは画面一番下の関連リンクからどうぞ!

道の駅千枚田ポケットパーク

白米千枚田に隣接するポケットパーク。 絶景をみながらゆっくりしていってください!

【まれゆかりの地】琴が浜海水浴場(泣き砂)

鳴き砂は全国でも30ヶ所余りしかありません。夕暮れには、水平線に沈む夕陽が空と海を赤く染め、幻想的な光景が広がります。2003年に海水浴場として整備され、奥能登の夏を満喫できる新たな名所となっています...

間垣の里

「まれ」ゆかりの地!ここは希が育った輪島の秘境です!

曽々木海岸・窓岩

 冬の厳しい日本海の荒波をまともに受ける男性的な(?)荒々しい海岸線が続く曽々木海岸のシンボル的な存在として「窓岩」があります。板状の岩の真ん中に直径2mほどの穴が開いている奇岩!冬季は波の花が大量に...

義経の舟隠し

輪島方面から見ると、海岸から沖に白く突き出た岬が白崎です。その先端近くに穴があり、内陸に入り込んでいます。伝説では義経が奥州への途中に船を隠したといわれています。

剱地権現岩(トトロ岩)

輪島市門前町大泊の国道249号線沿いにある権現岩は、地元では「立岩の権現さん」と呼ばれています。昔はありませんでしたが、岩に荒縄で作られた目玉が飾り付けてあります。その姿から「トトロ岩」と親しまれてい...

八ヶ川ダム(ハッカガワダム)

八ヶ川ダムの人造湖の八翠湖は周囲の景色が湖面に美しく映えるのでその名がつけられました。湛水面積約20ヘクタール。うるおいのあるふれあいの水辺空間として地域住民の憩いの場になっています。

曽々木ポケットパーク

 曽々木海岸、八世乃洞門新トンネル手前にあるポケットパークです。曽々木パワーゾーンを巡る拠点としても最適です。

猿山岬灯台

海抜200メートルの断崖が続く岬で、ひときわ目を引く存在です。 灯台からは男性的で豪快な眺めが堪能でき、それはまさに絶景です。 3.4キロの「のと猿山雪割草のみち」では、変化に富んだ景観を楽しむこ...

舳倉島

舳倉島(へぐらじま)

絶海の孤島であるため厳しい日本海の荒波のを直接受け、複雑な入り江や北西側の海岸は高さ10mにおよぶ断崖がつらなります。絶好の漁場であり夏には海女たちがアワビやサザエをとるため海に潜ります。また、バード...

へぐら愛らんどタワー

 舳倉島の飲用水(上水道)は海水を浄化したものです。  「へぐら愛らんどタワー」は舳倉島簡易水道の高架配水塔整備工事にあわせ、下部スペースを有効利用した施設です。

八坂神社(やさかじんじゃ)

 舳倉島の北側中央に建っている神社で、防疫神として心身の健康を祈願する島民のよりどころです。

金比羅神社(こんぴらじんじゃ)

 舳倉島の北側中央に建っている神社で、航海安全を祈願する島民のよりどころです。

舳倉島・観音堂(かんのんどう)

 藩政末期に一旭上人(いっきしょうにん)という僧が島にやってきて、毎晩観音堂に島民を集めて説教をしていました。

伊勢神社(いせじんじゃ)

 「やしろ様」とも呼ばれる神社で、島に鎮座する七つの小宮の一つです。昔はここに奥津比め神社があり、島全体の総氏神であったといわれています。

竜神池

 竜神池は周囲約180mあり、底が竜宮城に通じていて決して水が枯れることは無いといわれています。

やすらぎの里金蔵

白雉山金蔵寺(はくちざんこんぞうじ)

 白雉年間(650~655年)に行基がこの土地に本尊十一面観音像を刻んで安置したことがはじまりだとされています。その後、寺は栄え、七堂伽羅棟を連ねて奥能登随一の規模を誇りました。境内には、市指定天然記...

見敬山慶願寺(けんきょうざんきょうがんじ)

 文明5年(1473年)に創建されたこの寺は、町野の真言宗七ヶ寺のひとつだったものが真宗に改宗されたと伝えられています。本堂にある見事な龍の彫り物は市の指定文化財であり、庭園は石川県古庭園二十ヶ所に指...

御蔵道(おくらみち)

 昔、年貢を運ぶのに通ったと伝えられる古い道です。

松原山正願寺(しょうがんじ)

 本堂の大きさは、木造としては市内一の大きさを誇っています。元天台宗の道場として町野町徳成マツノコシにあったものが現在地に移転しました。

勢至観音堂(せいしかんのんどう)

 金蔵は勢至菩薩(せいしぼさつ)の仏供田(ぶくでん)だったので御蔵(おくら)納めをしなくてもよかったという、千石在所(せんごくざいしょ)にまつわる話があります。

上地山(かみじやま)

 金蔵で一番高い所。三角点があります。庁宣口(ちょうせんぐち)の地蔵尊を安置していたお堂の跡があります。「御蔵道」があります。 別名:金蔵山(かなくらやま)

圓徳寺(えんとくじ)

 真宗大谷派。親鸞聖人の八方にらみの絵図が有名です。

正楽寺(しょうらくじ)

 真宗大谷派。徳成村椀平から来たと言われており、書家千間誠洲「年豊人楽」があります。

山王権現社(さんのうごんげんじゃ)

 氏神。日吉神社。御神体は大永年間の兵乱の火災に燃え残ったものといわれています。

歴史・史跡

時国家(上時国家)

 「平家にあらずんば人にあらず」の言葉で知られている時国家。壇ノ浦の合戦で敗れた後、能登に配流された平時忠を始祖としています。豪壮巨大な茅葺屋根の建物で、邸内には大納言の格式のなごりと思われる豪華な天...

輪島市天領黒島角海家

国指定重要文化財(建造物) 旧角海家住宅(きゅうかどみけじゅうたく)

時國家

 源平の合戦に敗れて能登に流された平時忠の5男時国を祖先とする国指定重要文化財の家です。江戸時代に建てられたこの家は、中世独特の技法が使われており、池泉回遊式の庭園は平成13年に名勝庭園に指定されまし...

奥津比め神社(おきつひめじんじゃ) 里宮

 舳倉島に鎮座する海士町の氏神の奥津比め神社は延喜式内社です。近年までの一村挙げての舳倉島への季節移住もなくなった現在、この輪島の地にも氏神信仰の拠点が必要になったので、昭和50年(1975年)に鳳来...

【まれゆかりの地】鳳至上町通り

「まれ」ゆかりの地のひとつ。

【まれゆかりの地】みなと橋

「まれ」ゆかりの地のひとつ。

【まれゆかりの地】いろは橋

「まれ」ゆかりの地のひとつとして登場!

曹洞宗大本山總持寺祖院

輪島市門前町にある總持寺祖院。ここでゆったりとした時間を過ごしませんか?

能登平家の郷(さと)モニュメント

輪島市町野町曽々木海岸(国の名勝天然記念物)の「窓岩ポケットパーク」内に、平成23年に建立。モニュメント付近の眺めは北西に日本海、南東に霊山岩倉山が屏風立ちする景勝地です。

真宗大谷派 阿岸本誓寺(あぎしほんせいじ)

能登における真宗の最古、最大の寺院です。現存する本堂は、寛政4年(1792年)に再建立されたものですが、寺の開山はさらに遡るといわれています。本堂を包み込む見事な茅葺屋根は、全国でも三指に入るほどの大...

南惣美術館(なんそうびじゅつかん)

天領庄屋南惣(なんそう)家が代々収集した古美術品を米蔵に200点展示しています。 仁清、宗達、等伯他。絵画、書蹟、陶磁、工芸他。 

光栄寺(こうえいじ)

梵鐘や仏画など見どころが多く、御堂にある唐狭間は市指定重要文化財です。その昔、彫刻の龍は、毎朝人がまだ寝ている頃に、下に流れる河原田川に出て行って水を飲み、一番鶏が鳴くとすぐに戻ってきたという伝説が残...

能登石楠花(しゃくなげ)寺天王寺(てんのうじ)

「能登石楠花寺」の名で知られているお寺です。約2000本のシャクナゲが4月中・下旬頃から咲き始め、訪れた人の目を楽しませてくれます。

粉川寺(こかわじ)

かっぱの伝説や風習が数多く残る寺です。その歴史は古く、天正4年(1576)の上杉謙信の能登侵攻以前まで遡ります。現在の建物は、享保19年(1734)のものだといわれており、中にある市指定文化財の木造金...

長谷部信連の灰塚(はせべのぶつらのはいづか)

長谷部信連は、鎌倉時代に能登へ赴任してきた地頭です。それから32年間にわたり広大な大屋荘(現在の輪島市から穴水町にかけての地域)を治めていました。長谷部信連の墓は地元で「ちょうづか」とも呼ばれています...

重蔵神社

重蔵神社は輪島の東部、海近き神地に鎮座し、河井町2500戸あまりの産砂神と仰がれるばかりでなく、鳳至一郡の総社として重きをなしています。社伝によれば、遠く崇神天皇の御代の鎮座とされ、「延喜式」の神名帳...

古和秀水

高尾山に湧き出す名水で、瑩山禅師が龍神のお告げによって知らされたという霊水です。總持寺のお茶の水として大切にされてきたこの水は、奥能登で唯一名水百選に選ばれています。

石瀬比古神社の岩瀬の二体月

 旧式内社といわれる石瀬比古神社の懸仏2面は市の文化財です。また、岩瀬の渡り近くの二体月は観月の名所として知られています。また、近くの小三田家に石棒があります。

八幡神社(やはたじんじゃ)と田舎歌舞伎衣装

 天領時代の裕福な一面を知るものに、田舎芝居があります。八幡神社の境内には、かつて田舎歌舞伎を演じた時の衣装が宝物殿に残されています。また、当時の常設舞台も建物として残っています。

八幡神社(はちまんじんじゃ)とオシハラ祭り

 八幡神社では、毎年2月3日と3月3日に、奥能登の奇祭おしはら祭りが行われます。

佐野寺

 この町野町佐野の背後には奥能登修験の霊山「日の御前」といわれる舞谷御前があり、佐野も信仰色強い集落です。もとは四ヶ寺の天台宗寺院がありましたが中世に佐野寺は真言宗に改宗し、現存しています。

日吉神社

 小高い丘に建つ地区の守り神です。

八幡神社・八幡大菩薩祈祷札

 この神社には、遺例の少ない希少な中世の木札の祈祷札が二枚あり、石川県の文化財に指定されています。八幡山は穴水と輪島を結ぶ人馬往来の駅道でした。

真行寺(しんぎょうじ)

 滝又町にある、この寺の本堂欄間天女舞楽七面は、江戸時代初期の手法を継承したものです。製作年代は元禄時代とされていて、輪島市の文化財に指定されています。

西光寺(さいこうじ)

 この真言宗寺院は、寺の歴史も古く、輪島市の指定文化財の仏像もあり、鎌倉幕府の祈願寺でした。本堂は、上時国家建設棟りょうヤスコの親方の万九朗の遠近法建築です。

広田神社

 鳳至比古神社の伝承をもつ古い神社で、神像4駆は輪島市の文化財に指定されています。いずれも南北朝~室町時代初期の奉祀とされています。

鳳来山永福寺

 「誓願寺如意輪観世音由来記」によれば、養老4年(720年)泰澄大師が誓願寺を建立し、弥陀と共に安置したものといわれています。明治41年に永福寺に脇侍本尊として祀られ現在に至っています。

宝泉寺(ほうせんじ)

 能登33観音霊場第27番札所でもあり、北陸36不動の第4番札所でもある宝泉寺。開基は恵勝僧正といわれています。建武5年(1338)には、平行兼氏より田畠の寄進を受け、道下護摩堂の観音様として厚い信仰...

伊須流岐神社

 元、石動山伊須流岐比古神社別当天平寺の僧正廻行の際、勧請されたと言われています。当時、日野尾村五社(五行神)と称したが、鎮座地の総持寺に属するに及び現在の社名に改称されました。

高佐岐神社

 創立年代はわかっていません。元「十二所権現」。安政三年、社殿改修と同時に高佐岐の地名に因み現社名に改称され、明治8年7月村社に列格されました。昭和45年3月に再建されました。

櫛比神社

 創建は明らかではないが、古文書等からすれば平安時代末期~鎌倉時代~室町時代初期と言われています。古くは〈十二所権現〉〈十二所宮〉〈十二所少彦名神社〉〈少彦名神社〉〈薬師宮〉〈諸岡比古神社〉と称してい...

覺皇院

 伝法庵を開いた大徹和尚によって、応永六年(1399)に開かれました。

浄明寺

 浄明寺

眺望スポット

高台から黒島の街を見渡すことができます。

芳春院

 芳春院(前田利家の正室まつの芳名)が、前田家の冥福を祈るために總持寺の中に建てたと言われている。

曽々木パワーゾーン

輪島せっぷんとんねる

曽々木海岸、波の花みち遊歩道にある小さな手掘りトンネルです。実はこの「せっぷんとんねる」は昭和32年公開の東宝映画「忘却の花びら」のロケが行われた場所です。主人公(小泉博さん)とヒロイン(司葉子さん)...

千体地蔵

岩倉山遊歩道の途中に、岩肌が海からの風に風化・浸食されてお地蔵さまが何体も林立しているような様子は「千体地蔵」と呼ばれています。平成12年3月10日に新しい展望台が完成しました。

波の花

 冬の能登の風物詩。11月中旬から2月下旬の海が荒れて波が高い、寒さの激しい日に現れます。海水中に浮遊する植物性プランクトンの粘液が岩にぶつかるたびに空気を含んで白い泡状になります。その泡のことを「波...

岩倉寺

 能登国33観音霊場第32番札所で、約1300年の歴史を誇る真言宗のお寺。2日前までに予約すれば、4月から6月にかけては山菜料理、9月中旬から11月にかけてはきのこ料理など、周辺で採れた食材を使った料...

輪島の市

情報がありません

伝統文化・芸能(御陣乗太鼓など)

麒山祭(きざんさい)

「能登の親知らず」と呼ばれた曽々木と真浦間を切り開き、「波の花道」を造った海蔵寺八代住職・麒山端麟和尚遺徳をしのぶ供養祭。見物人に紅白の餅がふるまわれたり「八世太鼓」が披露されます。

曽々木大祭(そそぎたいさい)

町野町曽々木では観光PRと地元の発展を願い、地元と観光協会が協力し曽々木大祭が開かれます。青年団によって5本のキリコが町を練り歩く様は豪快。

門前とどろ節

1.能登の門前 一度はおいで ここにゃ名所も唄もある (ハヤシ)ここにゃ名所も唄もある ハー ゼンザイゼンザイ 2.響く鐘の音 千歳にこめて 町の誇りを寺でもつ (以下ハヤシくりかえし略) 3...

能登麦屋節(のとむぎやぶし)

 能登素麺の原料である小麦をひく作業の中から生まれた唄。

剱地八幡神社大祭(つるぎぢはちまんじんじゃたいさい)

 門前町内では唯一キリコ担ぎが行われる祭りで、最終日深夜の獅子殺しでクライマックスを迎えます。

門前祭り(通称/ごうらい祭)

 神様と仏様が、年に一度対面する珍しいお祭り。「ごうらい」と称する奇怪な面をつけた者が神輿の露払いをつとめ、櫛比神社を発ち、總持寺祖院へお旅します。勇壮なキリコ祭りとは対照的に、神輿のお供をする列が静...

名舟大祭(なぶねたいさい)

 県指定無形民俗文化財に指定されている御陣乗太鼓で有名な名舟の夏祭り。

大幡郷社祭(おおはたごうしゃまつり)

 昔、猿鬼を大幡山の神様が退治し、その場所に社を建てたのが始まり。

万歳楽土(まんざいろくと)

 袴姿の舞人と参拝者がともに独特の節回しで「万歳楽土」と唱え、豊作を祈願します。走出地区の万歳楽土は県の無形民俗文化財に指定されています。

観音祭り

 およそ700年の歴史がある慈雲閣は總持寺最古の建物で、観音祭りのこの日、観音山の山開きを行い、観音堂の扉を開いて供養が行われます。

道下祭り(とうげまつり)

 勇壮な銕川太鼓や木やり音頭に合わせて豪華な曳山や夫婦神輿、こども樽神輿が集落をにぎやかに練り歩きます。

フキノト祭り

 住民たちが五穀豊穣と家々の繁栄を祈る神事。その年の当元(当番)が11種類の神饌を供えて神様をもてなします。

水無月祭

 南志見地区5町(里町、尊利地町、忍町、小田屋町、東山町)の夏祭りで、キリコと神輿が勇壮に乱舞する夏越しの神事です。旧南志見中学校跡地に設けられる御仮屋付近でキリコが大乱舞します。

黒島天領祭(くろしまてんりょうさい)

 北前船で栄えた町黒島は、古くから海上安全、五穀豊穣を祈願しています。大阪城と名古屋城をかたどった豪華絢爛な曳山と子どもの奴振り行列が見ものです。

浦上祭り

 屋根が六角面で作られた豪華で貴重な御輿に、小旗、幟旗、吹流し、獅子、天狗がお供します。

山王祭(さんのうまつり)

 青竹に5色の吹出しで飾られた船方の曳山は、夜になると提灯が灯り、幻想的な光景が広がります。

輪島温泉郷

のんびり癒しの足湯「湯楽里」

輪島工房長屋の近くにある足湯「湯楽里」。朝早くから夜遅くまでやっているのでぜひ足を運んでみてください。きっと疲れがとれますよ! ※施設内にタオルはありません!!持参または足湯正面の建物にて100円で...

ホテルメルカート輪島「長山の湯」

長山の湯は昔から地元の皆様にご支持をいただいておりましたお風呂を復刻いたしました。昔のような賑わいや地域の皆様に愛されるようにとの思いを込めまして名づけました。

門前じんのび湯

ラドンが多量に含まれた温泉の仄かな香りと心地よい温もりが心やわらぐくつろぎのひとときを与えてくれます。 日本海に沈む夕陽が一望できる大浴場と自然と一体になった解放感いっぱいの露天風呂で、時を忘れての...

美術館・記念館・資料館

黒島天領北前船資料館

輪島市門前には北前船がもたらした日本海文化の足跡が数多く在ります。 北前船の始まりは1639年加賀藩三代当主・前田利常による大阪への 藩米輸送でした。それからは、商品を運ぶだけではなく、出港地...

輪島ドラマ記念館

輪島市などを舞台にした朝の連続テレビ小説「まれ」のロケセットを再現した「輪島ドラマ記念館」が輪島朝市入口、いろは橋の横にオープンしました。

~お祭り館~輪島キリコ会館 あのでっかいの、担げるんです!!

能登のキリコが集結した輪島キリコ会館! しかも!日本遺産にも認定されたキリコ祭りで使うその「キリコ」を担げるんです!担げるってゆうんですよ!

永井豪記念館

輪島市出身の漫画家永井豪さんの記念館が輪島市朝市通りにオープン。高さ2mのマジンガーZや等身大デビルマンが飾られているほか、貴重な原画も展示されている輪島の新しい観光スポットです。

禅の里交流館

 門前町形成のもととなった總持寺祖院の歴史や修行の様子を、パネルや映像でわかりやすく紹介しています。また、貴重な歴史的資料も多数展示しており、より深く門前の文化を理解することができます。

蔵ギャラリー 遊庵(ゆうあん)

先々代、初代石太郎よりの古き塗師蔵の改装を機に、あらたに輪島をそして漆を楽しんで頂くスペースとして、工房ギャラリー「遊庵」をオープン致しました。この空間は、観光向けの売店Shopではなく工房の、そして...

あすなろ交流館

 奥能登の総合案内所とともに地域住民の交流の場としてつくられた施設で、館内には約1900万年前のワニの足跡のレプリカが展示されています。

四季の花々

西慶寺のヤマモミジ

浄土真宗大谷派西慶寺の境内に自生している県内最大級のヤマモミジ。樹齢は推定で500年、枝張りは25.0メートルくらいあり、下方の道路に向かって枝を伸ばしている。まさに一本で庭をなしている感じのする見事...

アギシコギクザクラ(県指定天然記念物)

阿岸本誓寺境内にあります。その名のとおりたくさんの花びらをつける山桜です。 見ごろは4月下旬から5月上旬となっています。

雪割草群生地

猿山岬は、奥能登最後の秘境といわれ、その一帯は、日本有数の雪割草の群生地です。花言葉は「忍耐」。雪解けのころ、海風に耐えながら愛らしい花を咲かせます。3月中旬から4月上旬にかけて、色とりどりの花が目を...

水芭蕉群生地(みずばしょうぐんせいち)

下黒川町の三蛇山山頂近くに群生。全国的にこのような低地での群生は非常に珍しいものです。4月中旬から5月中旬にかけて真っ白で清楚な花の美しさを約4000株という壮大なスケールで楽しむことができます。

神秘的な名所~桜滝~

輪島市門前町深見にある滝、別名桜滝。 これはまさに名所中の名所だと思います!!

垂水の滝

 輪島市と珠洲市の境界にある落差30mの滝。断崖から海へと一気に流れ落ちる様子は迫力満点です。

鷲ヶ滝(わしがたき)

二つの滝が組み合わさってできている、複雑な滝です。下部は白布滝と呼ばれ、名前の通り、白い布を広げたような美しさです。

双竜の滝(そうりゅうのたき)

中央に大きな岩があり、流れが2筋に分けられています。滝つぼから眺めていると、2匹の竜が天に昇っていくかのような勇壮な景観です。 別名:鳥毛滝(とりげだき)

桶滝(おけたき)

岩場にあいた丸い穴の中から水が流れ落ちている珍しい滝です。そのかたちが底の抜けた桶のように見えることから「桶滝」の名が付いています。周囲は森になっているので森林浴にも最適です。

男女滝(なめたき)

県指定名勝の男女滝は、向かって左側がゆるやかな流れが連なる「女滝」(本滝)、右側が急傾斜で流れ落ちる「男滝」(支流)で、夫婦のように寄り添って一本の流れになる美しい滝です。

大蛇ヶ滝(だいじゃがたき)

 全長約190mにもなる、県内で一番長い滝。すべてを見通せる場所がないほど長く、まるで大蛇がうねっているような、すごみのある姿をしています。

古木・巨木

アテ(档)の元祖

樹齢800年、文治五年に源氏の流れをくむ、泉三郎忠衛が奥州平泉より持ち込んだと言われています。周囲4m、高さ27mにも及ぶ巨木が2本並んでいます。見上げれば首が痛くなるほどです。民家の裏庭のような場所...

吟行(歌碑・句碑)

鳳来山永福寺 高浜虚子句碑

 奥津比め神社を通り越して少し行くと、禅寺の永福寺があります。昭和二十九年に高浜虚子が門人七人と来輪し、大句会が開かれました。この時、輪島の俳人が百二十人も参加したと言われ、その時の記念碑として昭和三...