能登輪島観光情報わじまナビホームへ
観光スポットイベントカレンダーおすすめコースフォトギャラリー交通アクセス
Q&A

現在の位置: ホーム > 観光スポット > 奥津比め神社(おきつひめじんじゃ) 里宮

奥津比め神社(おきつひめじんじゃ) 里宮

印刷ページ
最終更新日:  2016年2月18日(木曜日)  09時23分  コンテンツID:102-3-1111
奥津比め神社里宮

奥津比め神社里宮

大伴家持歌碑

大伴家持歌碑

 舳倉島に鎮座する海士町の氏神の奥津比め神社は延喜式内社です。近年までの一村挙げての舳倉島への季節移住もなくなった現在、この輪島の地にも氏神信仰の拠点が必要になったので、昭和50年(1975年)に鳳来山公園の一角に里宮として建立された神社です。

 奈良時代に国守大伴家持公が能登を巡行された時、この地で詠まれたとも云い伝えられる万葉歌「沖つ島い行き渡りて潜(かづ)くちふ鰒珠(あわびだま)もが包みて遣(や)らむ」の歌碑が社前に建てられています。
 また、同社所有の「千石船渡海船の模型と板図」「舳倉島の祭祀資料」は海士町自治会館に展示されています。

住所 928-0072
輪島海士町
お問い合わせ先 0768-22-1391(港公民館)

GoogleMapの使い方・ご注意

周辺の観光スポット