能登輪島観光情報わじまナビホームへ
観光スポットイベントカレンダーおすすめコースフォトギャラリー交通アクセス
Q&A

現在の位置: ホーム > Q&A一覧 > 輪島でミシュランの星を獲得している観光地はありますか?

Q.輪島でミシュランの星を獲得している観光地はありますか?

印刷ページ
最終更新日:  2016年2月9日(火曜日)  14時47分  コンテンツID:104-3-1409
日本ミシュランウェブサイト

日本ミシュランウェブサイト

A.あります!

輪島を含め奥能登でミシュラン星を獲得しているものは
能登半島、輪島、輪島朝市、總持寺祖院、曽々木、棚田と海岸を臨む散策路、禄剛崎(珠洲市)、能登小木(能登町)です。

輪島で星を獲得しているものは詳しくは以下のとおりです。

1能登半島、輪島(☆)
 平成23年6月に能登の里山里海として世界農業遺産に認定。

2輪島朝市(☆)
 平安時代に起源をもつと言われる輪島の名物朝市。日本三大朝市の一つとして知られ、素朴で威勢のいい朝市おばちゃんも人気がある。

3總持寺祖院(☆)
 福井県永平寺と並ぶ曹洞宗の本山總持寺は、明治31年6月の大火により移転を余儀なくされ、現在横浜市鶴見区にあるが、その起こりは輪島市門前町である。今は祖院として、かつての本山としての風格と日本の「禅文化」を守っている。
4曽々木(☆)
 奥能登の秘境として、昭和30年代に映画「忘却の花びら」の舞台としてブレイク。義経伝説が残る天然記念物「窓岩」や海に直接流れ込む「垂水の滝」など自然景観が数多くある。また、平時忠の子孫である時国家がある。

5棚田と海岸を臨む美観海道(☆)
 輪島市街地から曽々木を結ぶ国道249号線は奥能登の自然を満喫できるドライブコース。中でも、国指定文化財で平均面積国内最小の棚田「白米千枚田」は、日本海に流れ込むように小さい田んぼが折り重なり、自然のままの等高線の曲線がつくるあぜ道の幾何学模様は、人と自然の共生がつくりだした芸術作品のようでもある。
 
 

お問い合わせ

輪島市観光課

0768-23-1146