能登輪島観光情報わじまナビホームへ
観光スポットイベントカレンダーおすすめコースフォトギャラリー交通アクセス
Q&A

現在の位置: ホーム > イベントカレンダー > 輪島が燃える怒涛の4日間!輪島大祭!

輪島が燃える怒涛の4日間!輪島大祭!

印刷ページ
最終更新日:  2016年8月24日(水曜日)  16時04分  コンテンツID:101-1-154
重蔵神社大祭

重蔵神社大祭

燃え上がる松明の下を駆け回る神輿

燃え上がる松明の下を駆け回る神輿

輪島前神社大祭

輪島前神社大祭

輪島にこんなに人がいたのか!?という祭りです。

祝・日本遺産認定!能登のキリコ祭りが日本遺産に登録されました!
その伝統がたっぷりつまった能登独特の祭りたちを、ぜひ現地でみてください!

●8月22日 奥津比め神社大祭(海士町)TEL:0768-22-4657
 みどころ    時間帯
・御神輿渡御祭  16:00~
・御神輿入水神事 18:00~
・御仮屋到着   18:40
・キリコ巡行   20:00
・御仮屋夜宮祭  21:00
※御神輿の入水神事は23日の同時刻にも執り行われます。
→入水神事はその名のとおり神輿を担いで海につかります。この日最大のみどころ!

●8月23日 重蔵神社大祭(河井町)TEL:0768-22-0695
 みどころ        時間帯
・御仮屋九字切縄ぬい神事 15:00~
・神人の松明起こし    16:00
・神社本庁献幣式     20:00
・御神輿渡御祭      21:00
・宮の下松明       22:00
・川尻の松明       23:00
・御仮屋到着        0:00
→キリコの本数が一番多いのがこの日!勢ぞろいすると迫力満点!

●8月24日 住吉神社大祭(鳳至町)TEL:0768-22-0656
 みどころ    時間帯
・神社本庁献幣式 19:30
・御神輿渡御祭  20:30
・三角州松明神事 22:30
・御仮屋到着    0:00
※御神事太鼓あり。大キリコがでます。
→朝ドラ「まれ」で登場した輪島大祭のモデル!疾走するキリコはみてるだけで楽しい!

●8月25日 輪島前神社大祭(輪島崎町)TEL:0768-22-0871
 みどころ      時間帯
・神社本庁献幣式   20:30
・御神輿渡御祭    21:00
・お祭り広場松明神事 22:00
・御仮屋到着     23:00
→神輿、キリコはもちろん鯛や海老の担ぎものがでるときも。この日の松明は特別仕様!爆竹や花火入りで興奮しっぱなし!

 各神社とも当日の昼間には、各種お祓い神事や松明おこし神事などがあります。また、翌日の本祭りには御神輿渡御の神事があります。

【駐車場】
市内には駐車場がいくつかありますが、祭りの日によっては駐車できない場所があります。下記リンクと添付ファイルをご参照のうえお越しください。

~キリコ祭りについて~
【キリコ祭りのいわれ】
昔、舳倉島に鎮座した女神と輪島市内の男神が、松明を目印に年に一度お会いするロマンあふれるお祭りです。
お供する人々は、この日にすべての厄を払い落とし、新しい神様が誕生する生命力を授かります。

【キリコ奉燈】
キリコとは、炎暑において厄払いや豊作豊漁に感謝して、御神輿にお供する縦型長方形の大きな御神燈のことで、能登一円の夏祭りや秋祭りに氏子衆によって担がれる祭礼具です。

【松明神事】
松明に火がつけられ、厄年(数え年で42歳)にあたる「お当組」が火の粉を浴びながら神輿を担いでその下を渡御する。
松明の高さはおよそ12メートルほどあり、その1番上に付けられている3本の竹には、神様のお祓いを受けた御幣がついている。
松明が倒れると若者たちが一斉に御幣を奪い合いする。その光景は迫力満点!!

【御神輿入水神事】
顔に紅を塗り、赤や青のカラフルな腰巻姿の若衆に担がれた神輿が、午後6時頃に海中乱舞を繰り広げる。
これは、海士町の女神が年に一度、輪島の男神に会いに来たという伝説にちなんだもの。


ご案内

開催期間 2016/08/22〜2016/08/25
開催時間 日によって異なります
開催場所 輪島市内
お問い合わせ先 輪島駅観光センター
0768-22-1503

GoogleMapの使い方・ご注意

周辺の観光スポット