能登輪島観光情報わじまナビホームへ
観光スポットイベントカレンダーおすすめコースフォトギャラリー交通アクセス
Q&A

現在の位置: ホーム > イベントカレンダー > 平成29年御陣乗太鼓実演日決定!小さい子は泣き出すかも・・・

平成29年御陣乗太鼓実演日決定!小さい子は泣き出すかも・・・

印刷ページ
最終更新日:  2017年1月26日(木曜日)  15時19分  コンテンツID:101-3-1366
輪島キリコ会館前での無料実演

輪島キリコ会館前での無料実演

炎が似合う御陣乗太鼓

炎が似合う御陣乗太鼓

海を背景に

海を背景に

といいつつ輪島の夜は「感動保証」!

御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)は、輪島市の名舟町でのみ伝承される陣太鼓です。


まさに奇芸。まずは見てください。太鼓を叩く前、一人の鬼が太鼓の後ろで吠えたあと、いよいよ御陣乗太鼓が始まります。激しく太鼓を叩く音は遠く私の家まで響いて聞こえるほど(!)大きく、迫力があります。最初は2人で叩いていたかと思うとその数は徐々に増え、最後には全員出演で見入ってしまうこと間違いなし!常に全力でバチを握り叩くみなさんの腕の筋肉にも注目です。


■平成29年の無料実演スケジュール
下記添付ファイルをご覧ください。


■御陣乗太鼓のいわれ
天正4年(西暦1576年)、現在の珠洲市三崎町に上陸した上杉勢は、各地を平定し天正5年、破竹の勢いで名舟村へ押し寄せて来た。武器らしいものがない村人達は、鍬や鎌で打ち向かったがさんざんな負け戦であった。そのような時、村の古老の指図に従い、樹の皮をもって仮面を作り、海藻を頭髪とし、太鼓を打ちならしつつ、上杉勢に逆襲し、戦いを勝利に導いたという。

面をつけることによって、「御陣乗り」と称して今日まで伝えられている。

 この戦勝は舳倉島の奥津姫神の御神威によるものとし、毎年奥津姫神社の大祭(名舟大祭・7月31日夜から8月1日)に仮面を被り、太鼓を打ち鳴らしながら、神輿渡御の先駆をつとめ、氏神への感謝を捧げる習わしとなって現在に至っている。
 
 始めはゆっくり、次にやや早く、最後はもっとも早く、即ち序・破・急の三段で打ち切り、各自が自由な形で見えを切り、面に応じ、個性を生かした芸を入れるのが御陣乗太鼓の見どころであり、聞きどころ。

・・・という固い話もありますが、なにせ一見の価値ありなので輪島にお越しの際はぜひご覧ください!

ご案内

開催期間 2017/04/29〜2017/11/05
開催時間 20:30~20:50
開催場所 輪島キリコ会館もてなし広場
住所 928-0008
輪島市マリンタウン6番1
料金 無料
アクセス 金沢駅より特急バス利用約120分(輪島マリンタウン下車)
お問い合わせ先 輪島キリコ会館
0768-22-7100
ホームページ 御陣乗太鼓【オフィシャルサイト】

GoogleMapの使い方・ご注意

周辺の観光スポット

関連ファイル